気持ちだけの「浮気」と、肉体的な行為が伴う「浮気」では、法的な扱いが異なる。

結婚している人の場合、法的に言うと、当人の配偶者以外の人とみだりに性的な関係を

持ってはいけない、ということになっている。いわゆる「貞操義務」と呼ばれているもので

あり「守操義務」「誠実義務」などとも言う。これは、女性についても、男性についても

適用される。既婚者が「浮気」をした結果起きることは、ケースバイケースでさまざまである。

ひとつは、とりあえず法的には婚姻状態のままで夫婦の人間関係が冷めてしまう、

という場合がある(いわゆる「家庭内別居」など)。ひとつは、配偶者から「離婚」を切り出され

るという場合がある。

他には、暴力を振るわれる、という場合がある。他には、殺意を抱かれて浮気した者が

殺されてしまう、という場合もある。また、「浮気の相手」に危害が加えられたり、あるいは

殺されてしまう、という場合もある。

それぞれ、かなりの長文での説明を要するほどの複雑なことが起きる。

離婚を切り出される場合について解説すると、 結婚をしている人が、配偶者以外の人と

「浮気」をし、性的な行為まで行うと、法的にはその「貞操義務」や「守操義務」に違反した、

と見なされることになり、様々な不利益を被る可能性はある。例えば、配偶者から離婚を

申し立てられ裁判になれば、すんなり離婚が成立し、しかも「浮気」をした側に「瑕疵」

「落ち度」があったとされ、金銭上の条件や他の条件について、不利な判決が出る可能性

は高くなる。子供がいる夫婦が離婚するとなると、親権の問題が関係してくるが、既婚者が

「浮気」をしたとなると、「人間性に問題がある」「親としても不適格だろう」などと裁判官が

判断することにつながりがちで、結果として、相手側のほうが「親として、より適格」と判断され

、結果として「浮気」をした側は親権(監護権)を得ることができず、子供を自分の手元で育てた

くてもそうさせてもらえなくなってしまう可能性が高くなる。