みちびき(準天頂衛星システム)とは、準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている

日本の衛星測位システムのことで、英語ではQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と表記します。

ただし、「準天頂衛星」という場合には、準天頂軌道の衛星と静止軌道の衛星の両方を合わせて呼ぶ

ため、準天頂軌道の衛星を区別する必要がある場合は「準天頂軌道衛星」といいます。

衛星測位システムとは、衛星からの電波によって位置情報を計算するシステムのことで、

米国のGPSがよく知られており、みちびきを日本版GPSと呼ぶこともあります。